夢創りFACTORY
日本唯一の毛布一貫製造メーカーによる直販サイト
企業情報
お問い合わせ
 
ショッピングガイド日本の毛布の歴史
サイトマップ店長ブログメルマガ |
HOME
ショッピングページはこちら 世界で1枚オリジナル毛布作りませんか? 高品質な毛布はこんなところで生まれています!
HOME日本の毛布の歴史明治時代
 
毛布オンラインショッピング
日本の毛布の歴史
日本の毛布100年史
~明治時代まで
明治時代~
大正時代~
昭和時代~
現在
 
毛布オンラインショッピング
明治時代
 

真田幸村

関西で最初の私鉄が難波から大和川に開通した明治十八年、泉州でも日本で最初の毛布が織り上げられました。

当時、赤ゲットと呼ばれた輸入毛布は、真紅で、肌触りも柔らかく、そのあたたかさは庶民の憧れのまと。しかし、その値段は高嶺の花でした。

これに追いつき追い越せと、パイオニア精神に燃えたのが真田織りの技術を伝える真盛社。幸村の志をうけて、その社章は六文銭を配していました。最初は大阪から不用の牛毛をもらいうけて服地を織りましたが、ゴワゴワした着ごこちと、なんともたまらない臭いによって、売れ行きはサッパリ。みごと失敗に終わります。

「服地がダメなら、寝具に」という、ここでも幸村流精神を発揮し、牛毛布第一号が誕生します。しかし、その目標であった赤ゲットには及びもつかないもので、その縞模様からダンダラ毛布と呼ばれました。

真田紐 今に残る、たった一枚の貴重な牛毛布。

ドイツの染料を使ったとあって、朱色は今も鮮やかだ。
   
 

赤ゲットに及びもつかないダンダラ毛布を、なんとか柔らかな肌ざわりにしょうと、チャレンジしたのが、われらの先達です。まず、牛毛に石灰を混ぜて臼でつき、それを川で晒して、石灰分を流して、乾燥させるまでが、前工程。

次に始まるのが、やっと、紡績工程で、この牛毛を「ペンペン」という弓のような道具で弾いて、柔らかな繊維だけを選びだし、糸にひきます。こうしてできたのが、手紡糸で「つぎのき」「つぎぬき」と呼ばれました。

毛布の良し悪しは、起毛につきるといわれますが、泉州毛布の名声を不動のものにしたのが、この起毛の技術です。牛毛布が織り始められた頃は、起毛も幼稚で、チーゼルという薊の実を乾燥させたものを使って、手がきで行いました。

手にするだけでトゲトゲしいチーゼルと格闘しながら、まんべんなく起毛する技術が生まれ、それが、回転式人力起毛機を生み、次いで動力式起毛機へと発展していったのです。このように、前工程から、仕上げの起毛工程まで、さまざまな工夫を生みだしたのも、牛毛という、一筋縄ではいかない素材をあきらめず、前進をつづけたからではないでしょうか。

アザミの実を乾燥させたチーゼル。
現在は、鉄の針を使って起毛する。
 

どんなに新工夫を加えても、牛毛布は牛毛布。赤ゲットのようにはいきません。せいぜい、人力車の膝かけ、軍ご用達の鞍下毛布などに使われるだけでした。技術だけが先行し、商品価値がついてこないというのは、つらいことです。
牛毛を綿に変えようという発想がひらめいたのは、なんとかこの技術を生かそうとしたからでしょうか。

牛毛布に少し遅れて開発された綿毛布は、おりからの日清戦争の影響を受けて、中国大陸を市場に選びました。価格が安い、綿という素材が嗜好に合っている、という理由で市場は拡大の一途をたどります。日露戦争が始まり、終わると、また市場はひとまわり大きくなっていました。

そして。第一次世界大戦が始まり、終わると、これまでの世界の毛布市場を席巻していた欧州の毛布産業が疲弊し、これに代わって泉州の毛布が敷き詰められていました。このように、泉州毛布は、国内よりも、まず、世界を相手にその名声が認められたのでした。

当時の綿毛布。柄見本であったため2つに切断されている。デザインは意外(?)と現代的。
 
 

赤ゲット、つまり、赤いブランケットという言葉が、昭和の初めごろまで使われていました。広辞苑にも「都会見物の田舎者。おのぼりさん。不慣れな洋行者」と載っています。

確かなことは分かりませんが、かつて、地方から都会へでかけたお上りさんは目印のために派手な色の毛布を羽織り、このため、赤ゲットなる言葉が生まれたのだろうといわれています。このように、明治の頃から、少なくとも大正までは、毛布は、ブランケットと洒落た名で呼ばれたことが分かります。寒冷地で今も残る角巻き、あるいは、川端康成の名作「雪国」の駒子も、そういえば、赤い毛布をかぶっていたようです。

現在、日本の毛布は、世界でも珍しい現象として、花柄に人気がありますが、これも毛布が寝具としてよりも、衣料として使われた歴史の余韻かもしれません。


明治時代までへ

 
 
 
Copyright © MORIYAKEORI Co.,Ltd. All rights reserved. |プライバシーポリシー特定商取引の表示お問い合わせ